検索

U8-10 TM|OXALA TOKYO クラブチーム

2021.05.08

vs ウナ・プリマベーラ


◼︎テーマ

・ハードワーク(運動量)

・ポジショニング(バランス)

・受け手に合わせたパス


◼︎良かったところ

・人数が少ない中でも、それぞれにチャレンジをして、セービング、シュート、ドリブルなどそれぞれに良さが出ていた

・サイドハーフがためを作り、サイドバックがオーバーラップをして攻撃に厚みができた(4年生)

・前線からプレスをかけ、ボールを奪い得点に結びつけていた(3年生)


◼︎改善点

・味方からパスを引き出すアクションや、声が少ない(そのためボールをもらう身体の向きも良くない)

・奪ったボールを簡単に奪われてしまう(ディフェンスがボールを奪い、前線にパスを出すが相手選手の位置を見れておらず、インターセプトをされてしまう)

・ボールを足先で取りにいってしまい簡単に交わされてしまう

・グラウンドの状況を考えたプレーができていない

(ボールが飛ばない、転がりにくい中で普段と変わらないパスをしてしまい、ボールを奪われてしまう)

・ボールを持った選手を孤立させてしまう(攻撃の時のボールを持っていない選手の運動量が少ない

・周りの状況(味方の状態や、相手のプレッシャー)を見て、パスをする、ドリブルをする、タメを作るという判断ができず、自分のタイミングだけでプレーをしてしまう


◼︎総括

あまりグラウンドコンディションが良くない為、普段よりもボール止まってしまったり、走りにくく疲れてしまうことがある状況の中でも、少ない人数でしっかりと試合に挑むことが出来ました!


課題は多くありますが、パスは1人ではできず、出し手、受け手がいてそれぞれがいい状態ではじめて「いいパス」となります。

まずボールを正確に蹴れることも大切ですが、それと同時にボールを受ける選手がどれだけ準備を出来るかも非常に大切です!

サッカーはドリブルで1対1をするよりも、パスなども用いて2対1、3対1の状況を作れるとより簡単にゴールを奪うことができます。

個人のスキルがとても大切ですが、それぞれが状況を見て、判断をして最善のプレーを出来るように、ボールを受けること、味方や相手の顔を見て(アイコンタクト)状況を判断できるような練習もしていきたいと思います。


対戦いただいたウナ・プリマベーラさん、また遠くまで応援にお越しいただいた保護者の皆様、誠にありがとうございました!


担当:佐原


ALEGRIA!!!!!!


★体験会受付中★


(※全学年受付可)


━━━━━━━━━━━━━━

◼OXALA TOKYO◼

クラブチーム

東京都少年サッカー連盟14ブロック

(エリア:東村山・小平・東大和)


https://www.fc-oxala.com/clubteam


━━━━━━━━━━━━━━

◼Stretch Park◼

ストレッチパーク-東村山本店-

# 成長痛予防 # 姿勢改善 # AIによる姿勢分析 # パーソナルトレーニング # 産後骨盤矯正


https://www.stretch-park.com